MGトールギスⅢ、完成!

こんばんわ!
御無沙汰しております。

またもや風邪をひいてしまいまして、先週寝込んでおりました。
39℃の発熱でした、辛かったです。
インフルエンザだったんでしょうか、部活でも体調不良で欠席する者が後を絶ちません。

今週は道内で大会、来週は仙台、再来週は大阪です!
体調を万全に仕上げて臨みたいですね!
まぁ、僕は試合には出ませんけどね笑


大会シーズン真っ只中なのに加え、そろそろ夏の就活に向け願書を書き始めたり、
忙しいはずなのに、トールギスを完成させてしまいました、早っ!!

僕としては凄く速いペースです。
やっぱ好きな機体だと、製作意欲も半端じゃなかったです!
完成した時の達成感も一入でした^ ^
ではご覧下さい!

トールギス16

oruさんの「トールギスプリーズ」の一言で始まったトールギス製作。
僕の好きな機体の中で1、2を争うトールギスⅢへの挑戦でした。
と言っても、武器以外はトサカと肩のみの改修です。

トールギス18

やるからには最高のトールギスⅢを。
そう意気込んで製作しました。
改修はあまり多くはないのものの、
部分的な延長工作などで、プロポーションも自分好みに改修しました。

トールギス17

背面。
配色も色々考えながら塗装しました。
ホワイトの面積がとても多いため、MGのパーツ分割を活かしてグレーを配置。
単調にならないように、久々のMAX塗り。
ブルーはガイアのウルトラマリンブルーを使用して、とにかく鮮やかにしようと思いました。
ブルーも一色では面白くないと思い、ブラックを混ぜた紺色もシールドとスーパーバーニアに配置しました。

トールギス19

頭部。
ホントにイカしてます!
MGのフェイスがめちゃくちゃカッコいいんですよね。
なので、HGのⅢのフェイスは移植せず、Ⅰのままです。
ここだけトールギスⅢとは違う部分ですね。

とにかく、このアンテナ(?)のシャープ化には苦労しました。
ブルーのトサカも形状を変えています。
ブルーが鮮やかなので、ここのイエローはオレンジではなく、レモンイエローにしてみました。
バイザーは蛍光イエローグリーンで塗装し、中にラピーテープですが、
あまり光を拾ってくれません。

トールギス24

シールド。
とにかくマスキングだらけで、こちらも手間がかかりました。
これ、キットではグレー一色なんですよ。
シールはMGのキットのものをそのまま使用しました。

トールギス23

メガキャノン。
こちらはガンメタでメタリックに。
ケーブルは全て切り取ってメッシュパイプに置き換えました。
キットと同じ形状にするのが大変でしたが、凄く良い雰囲気に仕上がり、
本体に負けない密度を出せたのではないかと思います。

トールギス22

装甲にディティールを追加しない分、
関節周りにディティールを集約させました。

関節は、
・ガンメタ+ニュートラルグレーⅡ
・フレームメタリックⅠ+ウォームホワイト
の2色を使いました。

グレーやホワイトを混色したのはギラつきを抑えるためでしたが、
この2色の違いが肉眼でも分からないくらいです。
もう少し大袈裟に変化をつけても良かったかなと思います。
一部、ゴールドの丸モールドを使いました。

トールギス21

本体の一部パーツも金属色に塗装することでメリハリをつけています。
ガイアのスターブライトシルバーとスターブライトアイアンです。

トールギス25

武器の一部に配色したレッドは別パーツ化したスリットプラ板を、
塗装後に接着してます。
マスキングするより、こっちの方が僕はずっと楽です。
レッドが主張し過ぎないように、ブラックを若干混ぜ明度を下げています。

トールギス27

肩パーツはネオジム磁石で着脱可能にしています。
正直、無い方が全体のパランスはいいんですよね。
でもそこは目をつぶってます笑

トールギス26

ゼロカスとのツーショット。
もう、このために頑張りましたよ!
カラーリングなど統一感はありませんが、
やはりライバル機が並ぶと壮観ですね。

トールギス20

以上トールギスⅢでした。
ずっと作りたいと思っていた機体なだけに、
組み上がった時の感動と言ったら……
間違いなく自分のもっともお気に入りの作品になったと思います。

これからはさらに忙しくなりそうで、
トールギス完成を機に一旦プラモは休止しようと思いますが、
いきなり素組で完成報告とかするかもしれません笑
では!
スポンサーサイト

トールギス3.1改修中

お久しぶりです!

先日親知らずを抜きまして、その後ずっと歯の痛みと、
痛み止めの副作用による体調不良に悩まされておりました。
凄く腫れて、人相変わってました笑
そのあと、風邪っぽくもなっちゃって…
最近やっとほぼ全快しました!
結構辛くて、ご飯もろくに食べられなくて2、3kg痩せました笑


ホビーショーの話題が多いですよね!
個人的にver.3.0はあまり意見するつもりはありませんが、
カウントダウン中に情報が漏れてしまったのはいただけないですよね。

それよか、アマツミナの方がずっと嬉しいです!
個人的に作りたいランキングの上位に入っています!
今回はガーベラテトラとアマツミナの発売が嬉しい限り!
実は大型MGってのに、V2かターンX期待してたんですけどね…


バイアランは完成してます!

バイアラン10
バイアラン11

撮影は暇があればします。
でもちょっとでも時間があるなら次の作品を作りたいです。

トールギスもちょくちょく。

トールギス10

キャノンのパイプ部の手抜き様が酷い。
がっつり切り抜いて、プラ板で形状を出したあと、
メッシュパイプを取り付けられるようにしました。

トールギス9

鶏冠は、キットのままだと先端が寝癖みたいになっていて、
正面から見ると凄くダサいんですよね。
なので、、、

トールギス14

一直線、いや一曲線にしました。
この方が個人的にはしっくり来ます。

トールギス12

前回は乗せただけだった肩のパーツ。
ここは悩みました。
ちょっと肩デカすぎると思いました。
無い方がバランスいいし、何より楽。笑
でも無いとⅢのチャームポイントが失われてしまう気もして…

結局付けることにしました。
パテで接続部分を作って、磁石を埋め込みました。

トールギス15

尊敬するmatmatさんをパクり、
関節部にディテールを集中させてます。
フレームに加え、見にくいですが脛外装にも(ピンクの丸)。

トールギス13

腰部の延長と肩パーツで下半身も少しボリュームが必要と感じ、
脛フレームで1mm延長。
外装を加工しなくて良い、お手軽改修です。

トールギス11

色々外してますが、全体のバランスはこんな感じです。
もう少し表面処理をきっちりやったら塗り始めます。

でも6月は大会ラッシュ。
なかなか時間は取れなさそうです。


あと、どうでもいいことだけど、最近エクシアが猛烈に作りたい。
METAL BUILD風に、ビビッドなカラーリングで。
あぁ、時間がほしいなぁ…

では!

火消しのウィンド!

こんにちは!
ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか?

北海道は死ぬほど寒いです笑

なんでなの?
もう5月だよ?
どうして雪が降るの?

新規相互リンクのお知らせです!
沓頬さん
すてれおけみすとり
です!

沓頬さんのブログのアクセス”44444”を事故で僕が踏んでしまいまして(汗)、
なんと素敵なプレゼントといただいてしまったのです!!

沓頬さんといえば、袖付きザクⅢやハイニューなど、
非常に美しく、独創的な作品を作られている方で、
尊敬するモデラーさんにプレゼントいただけてとても光栄です!!

沓頬さん、ありがとうございました!!
そしてこれから宜しくお願いします!!


さて、バイアランの塗装も大詰め。
あと艶消すだけなんですけど、その暇がありません。
ってか、結構色合いミスりました。
変にオリジナル感出そうとするとダメですねぇ…
まぁ、今度公開します!


こないだoruさんに、「トールギスプリーズ」とコメントをいただいてから、
猛烈にトールギスが作りたくなっちゃいまして。笑
そしたらAmazonで40%オフじゃありませんか!
あんまり人気ないのかなぁ、僕はすんごく好きなんですけどね。

トールギス1

箱絵で惚れて買うレベル笑

トールギス2

組み立ててビックリ!
最新MGの技術力の高さに驚きました!

パーツ構成も素晴らしいし、可動のメカニズムが、
なんというか、プラモデルというより小型機械のようです。
サイドアーマーの連動とか、感動しますよ!

トールギス3

顔つきも精悍、色分けも秀逸。
ほめちぎってますけど、ホントに凄いです!!

トールギス8

でも、僕が本当に好きなのはトールギスⅢ。
確か、このGUNDAM EXTREMEの画像に惚れこんだんだったと思います。

なんですが、まんまⅢにするには時間と労力がかかり過ぎる。
というより、そもそも僕のスキルが追いつかない。

なので、『トールギス3.1』くらいに、
好きなところだけ移植して、工作が大変そうな部分はそのまま、
って感じの中途半端トールギスを作ろうと思います!!笑

本体で気になった腰と首をそれぞれ3mm、1mm延長。

トールギス4

シールドはそのまま移植。
昔のキットのものなので、成型が甘いですが、
きっちり面を出し、ラインを彫りなおしています。

トールギス5

メガキャノンはモナカなので、合わせ目消し。
伸縮する部位ははめ込みで後ハメが思いつかなかったので、
ネオジム磁石で保持を高めながら可動する方式に。
一部パイプも作り直す予定です。

トールギス6

今のところ、全体像はこんな感じ。
腰の延長はしたのですが、ちょっとスカスカした印象になってしまったので、
プラ板でそれっぽく工作して密度を上げようと思います。
でも寸胴感は払拭できたかな?

トールギス7

フェイスは移植が大変そうなので、Ⅰのままでいきます!笑
鶏冠のみHGから持ってきました。

形状的に、非常に加工しづらかったので、
一度両側を切り離してから整形して再接着しましたが、
これがホント大変でした(汗)
シンメトリーが……もういいや。

一番好きな機体と言っても過言ではないトールギスⅢですので、
時間をかけてゆったり作ろうと思います。
よろしくお願いします!!

では~!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。