MGトールギスⅢ、完成!

こんばんわ!
御無沙汰しております。

またもや風邪をひいてしまいまして、先週寝込んでおりました。
39℃の発熱でした、辛かったです。
インフルエンザだったんでしょうか、部活でも体調不良で欠席する者が後を絶ちません。

今週は道内で大会、来週は仙台、再来週は大阪です!
体調を万全に仕上げて臨みたいですね!
まぁ、僕は試合には出ませんけどね笑


大会シーズン真っ只中なのに加え、そろそろ夏の就活に向け願書を書き始めたり、
忙しいはずなのに、トールギスを完成させてしまいました、早っ!!

僕としては凄く速いペースです。
やっぱ好きな機体だと、製作意欲も半端じゃなかったです!
完成した時の達成感も一入でした^ ^
ではご覧下さい!

トールギス16

oruさんの「トールギスプリーズ」の一言で始まったトールギス製作。
僕の好きな機体の中で1、2を争うトールギスⅢへの挑戦でした。
と言っても、武器以外はトサカと肩のみの改修です。

トールギス18

やるからには最高のトールギスⅢを。
そう意気込んで製作しました。
改修はあまり多くはないのものの、
部分的な延長工作などで、プロポーションも自分好みに改修しました。

トールギス17

背面。
配色も色々考えながら塗装しました。
ホワイトの面積がとても多いため、MGのパーツ分割を活かしてグレーを配置。
単調にならないように、久々のMAX塗り。
ブルーはガイアのウルトラマリンブルーを使用して、とにかく鮮やかにしようと思いました。
ブルーも一色では面白くないと思い、ブラックを混ぜた紺色もシールドとスーパーバーニアに配置しました。

トールギス19

頭部。
ホントにイカしてます!
MGのフェイスがめちゃくちゃカッコいいんですよね。
なので、HGのⅢのフェイスは移植せず、Ⅰのままです。
ここだけトールギスⅢとは違う部分ですね。

とにかく、このアンテナ(?)のシャープ化には苦労しました。
ブルーのトサカも形状を変えています。
ブルーが鮮やかなので、ここのイエローはオレンジではなく、レモンイエローにしてみました。
バイザーは蛍光イエローグリーンで塗装し、中にラピーテープですが、
あまり光を拾ってくれません。

トールギス24

シールド。
とにかくマスキングだらけで、こちらも手間がかかりました。
これ、キットではグレー一色なんですよ。
シールはMGのキットのものをそのまま使用しました。

トールギス23

メガキャノン。
こちらはガンメタでメタリックに。
ケーブルは全て切り取ってメッシュパイプに置き換えました。
キットと同じ形状にするのが大変でしたが、凄く良い雰囲気に仕上がり、
本体に負けない密度を出せたのではないかと思います。

トールギス22

装甲にディティールを追加しない分、
関節周りにディティールを集約させました。

関節は、
・ガンメタ+ニュートラルグレーⅡ
・フレームメタリックⅠ+ウォームホワイト
の2色を使いました。

グレーやホワイトを混色したのはギラつきを抑えるためでしたが、
この2色の違いが肉眼でも分からないくらいです。
もう少し大袈裟に変化をつけても良かったかなと思います。
一部、ゴールドの丸モールドを使いました。

トールギス21

本体の一部パーツも金属色に塗装することでメリハリをつけています。
ガイアのスターブライトシルバーとスターブライトアイアンです。

トールギス25

武器の一部に配色したレッドは別パーツ化したスリットプラ板を、
塗装後に接着してます。
マスキングするより、こっちの方が僕はずっと楽です。
レッドが主張し過ぎないように、ブラックを若干混ぜ明度を下げています。

トールギス27

肩パーツはネオジム磁石で着脱可能にしています。
正直、無い方が全体のパランスはいいんですよね。
でもそこは目をつぶってます笑

トールギス26

ゼロカスとのツーショット。
もう、このために頑張りましたよ!
カラーリングなど統一感はありませんが、
やはりライバル機が並ぶと壮観ですね。

トールギス20

以上トールギスⅢでした。
ずっと作りたいと思っていた機体なだけに、
組み上がった時の感動と言ったら……
間違いなく自分のもっともお気に入りの作品になったと思います。

これからはさらに忙しくなりそうで、
トールギス完成を機に一旦プラモは休止しようと思いますが、
いきなり素組で完成報告とかするかもしれません笑
では!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。