カンボジア1、2日目

一昨日にカンボジアより帰国しました。
恐ろしく疲れました、なにせ3日間歩きっぱなしでしたから。
でも良い旅でした!

一切プラモの話題はありませんので、
興味のある方のみ続きからどうぞ!

(あっ、MGνですってね、最高ですね)


1日目の移動と2日目のアンコール・ワット、アンコール・トムの旅行記です。

まず、8/25の14:15に新千歳を出発。
約2時間半で、韓国の仁川(インチョン)空港に到着!

仁川空港は免税のプランドショップが立ち並び、
はっきり言ってあまり見て回っても韓国らしいものはありませんでした。

カンボジア1

なんか行進してたから写真撮ってみた笑

その後夕方の便で約4時間50分のフライトを経てシェムリアップ国際空港に到着。
ホテルの送迎バスが待っていました。
それにしても到着し降り立った瞬間の蒸し暑さ!!
ここで3日間も、、、不安になりました。

カンボジア2

泊まったのはこちらのPassaggio boutique hotel
冷房完備で部屋は快適、でも一歩外に出るとそのギャップにやられます。


こうして1日目が終了。

2日目、観光地に向かう前に朝からホテル周辺をブラブラと。

カンボジア3

タクシーはなく、代わりにバイクが引く「トゥクトゥク」と呼ばれる乗り物が道を埋めます。
運転手の勧誘が物凄いです。

カンボジア4

こちらは出店が立ち並ぶ「ナイトマーケット」
ちなみにこちらの写真は少し加工してあります。

実は今回RAW+JPEGで撮影してきたんで、パソコンで露出や撮影モードなどを加工できるんですね。
初めての試みだったのですが、これは便利で面白いです!
絶対ガンプラの撮影にも使えます。

カンボジア5

こちらは観光客が集まる「パブストリート」だったかな?
これも色合いを少し弄ってます、いい雰囲気では?

ここからいよいよ観光地へ!

カンボジア6

アンコール遺跡群の見学は無料ではありません。
3日間で40ドルのチケットを購入します。
顔写真もその場で撮られます。

カンボジア7

午前中はアンコール・トム!
これは南大門ですね。入口です。

カンボジア8

入り口の端にはたくさんの像が並んでいます。
昔のままの像とレプリカがありました。
日本人観光客もたくさんいました。

カンボジア9
カンボジア10

下から見上げる南大門、圧巻です。

アンコール・トムの中央には「バイヨン」があります。
まずはバイヨンを象で周回しました!

カンボジア11

象がたくさん!

カンボジア12

とにかく揺れる!
そして象の背中は思った以上に高いです。

カンボジア13

こちらがバイヨン全体像。
凄かったですよ~(←語彙力不足)

カンボジア14

ここらへんRAWで撮ってないんですよね~、後悔!

カンボジア15

壁にはびっしりとスジ彫り、、、じゃなくて浮き彫りが施され、
人と猿との戦い、神々などが表現されています。

カンボジア16

ここがバイヨン第二回廊、だっけ?
もう良く覚えてないや笑

カンボジア17

こちらは有名な「クメールのほほえみ」ですね!
なんて偉そうに言いつつ、僕も知ったのは旅行直前です笑

カンボジア18

ホントに見事な光景なんですよ!
あっ、ちなみにサングラス掛けてるのが僕です。
現地購入した「I ♡ Cambodia」のTシャツ着てます笑

カンボジア19

↑こちらはバプーオンですね。
”隠し子”の意味を持つ寺院です。

カンボジア20

これもピラミッド型、壮大な建物でした。
上に登るんですが、遺跡の階段はどれも非常に急で、
登るのはもちろんなんですが、降りるのがとても怖かったです。
行くなら若いうちですよ~笑

カンボジア21

てっぺんからの景色。

カンボジア22

お次は「ピミアナカス」
”天空の宮殿”と呼ばれた王のための寺院です。

カンボジア23

これは「象のテラス」
サングラスの方は日本語現地ガイドのモニさん。
とても良い人で3日間とも一緒に回ってもらいました。

カンボジア24

現地の子供はカメラを向けるとピースしてくれます。
まさぼんさんがコメントくれなかったら、建物ばかりに目を向けていたかも。
現地の子供たちはホントに可愛かったです。

カンボジア25

次は「タ・プローム」
巨木と廃城が織り成す天然のアート。

カンボジア26

映画『トゥームレイダー』の撮影場所の一つ。

カンボジア27

回廊に覆いかぶさるように根を伸ばしているスポアンの木。
自然の猛威を感じます。

カンボジア28

ココナッツの入れ物に入ったカレー。
これはそこそこ美味しかったのですが、(米がぱさぱさだったけど。)
カンボジア料理はイマイチ口に合わなくて、
旅行で2.5kgもやせちゃいました、ヤバい汗

飯を食べて、午後からいよいよ、アンコール・ワットへ!

カンボジア29

堀に架けられた西参道を渡り中心部へ。

カンボジア30

そして一番有名な中央祠堂!!
水面に写り、上下左右のシンメトリー。
見事でした、ホントに。

カンボジア31

こちらは第一回廊、壁にはびっしりと浮き彫りが敷き詰められています。
モニさんが色々話してくれたんだけど、、、覚えきれなかったな。
シヴァとヴィシュヌとブラフマーがうんちゃらかんちゃら…笑

カンボジア32

これが第二回廊。

カンボジア33

こんなに同じ模様を…ようやりますわ、ホント。

カンボジア34

第三回廊。
特に見るものはないのですが、やはり浮き彫りは多数。
中央に行くにしたがい高くなる設計です。

カンボジア35

ここも超急な階段。
隣の降りる人の様子を見れば分かっていただけると思います。
雨も降り始めて、かなり過酷な旅になりかけてます笑

カンボジアはちょうど雨季でしたが、
日本の梅雨のようにずっと雨が降り続けるのではなく、
1時間程度のスコールが降っては止みます。
アンコール・ワット観光を終えたころには大雨で、
スニーカーの中でプールが出来上がりました笑

カンボジア36

夕食はアジア系料理の揃うビュッフェタイプのレストランで、
伝統の踊りを見ながら済ませました。
やっぱり口に合う料理は少ない…

あと、猿のキャラが「ハヌマーン」ってヤツなんですけど、
これはウルトラマンが戦った怪獣ハヌマーンそのもので驚きました。
知ってる人います?笑

こうして2日目が終了。
時差2時間の影響もあり、現地時間22時には爆睡。
3日目へ続きます。
スポンサーサイト

Comment

いや〜いいですね〜
こういう旅行は若いうちに行っとくもんですね!
遺跡とか超楽しそう!
ピースしてくれる子供達の写真…
いいですね、一枚の写真として素晴らしい!

Re: イッシンさん

こんばんわ~!

遺跡巡りはなんだか非現実的な感じで楽しかったです!
でもゆったりした旅ではなかったんで、
こういうのは若いうちかもしれませんね笑

写真を撮るときにピースをするのは日本人だけみたいですね。
ということはカンボジアの子供がピースするのは、
カンボジアを訪れる日本人観光客が多いということなのでしょう。

元気な姿を見せてはくれますが、
やっぱり現地の子供は苦しい生活を強いられているのだと感じました。
そういう点を実感できたのも収穫でしたね。

遺跡の写真も素晴らしいけど、子どもの写真も素晴らしいね!!!

歴史ある建物も、ちょっと前に生まれた子どもも、同じように素晴らしいなぁ。。。人間ってやっぱすげえ!

Re: まさぼんさん

こんにちは!

まさぼんさんが、子供たちの表情が良かったってコメントくれなかったら、
派手な遺跡に目を奪われ、子供に意識が向かなかったような気がします。
アドバイスとお褒めのお言葉ありがとうございます!

こんな凄い建物が今のような技術もない時代に作られたなんて、
信じられませんでした。やっぱり人間は凄いですね!

パブストリートと子供達の写真めっちゃいいね!
僕はRAWは面倒だから今はほとんど使わないかな。パソコンを新しいのに(MacBookがほしい)変えることがあればRAWも使いたい笑

Re: saki.さん

おぉ~!
お久しぶりッス!
お元気ですか~?
今週はいよいよクラ選ッスよ!!

パブストリートの写真の雰囲気、いいでしょー(^―^)
RAWは面倒ですけど、あれ弄ってるのは凄く楽しいんですよね!
子供の写真は加工無しですが、あれはとても良い瞬間を捉えられましたね!

Macッスか、ナウいッスね…
僕はWindowsで十分ですよ笑
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。