就活終了!

おはようございます!!

面接が終了しました!
日本語の面接は部活の話、将来の話でしたが、
英語の面接は、、、

筋トレ+模型+NBA。

完全に雑談でした!
もう、日常会話ができればオッケーって感じの面接でしたね。

プラモの話は、前回の記事のようなことも言いました。

「模型では長時間作業の忍耐力や集中力、手先の器用さを養いました。
これは将来の手術に向けた大切な練習の一貫です!」
I cultivated perseverance of long time work, concentration, and manual dexterity by modeling.
For me, modeling is an essential part of practice for future surgery!

↑これそのまま言いましたよ!!
いや~、ホントブログで英語練習しといて良かった!
やすりがけさん、添削ありがとうございました!

日曜日の採用試験が終わると、その日に紋別市へ向かい、
そのまま4日間部活の合宿でした。

来週(明後日)から卒業試験です。
合宿には卒試の過去問持っていきましたが、流石にあまり進まなかったですね。
今必死こいて勉強してます。

卒試は10月半ばまで続く長丁場です。
これが終われば(再試がなければ)あとは国試へ向けた勉強のみ。
その合間にちょっとプラモできるかも。

では~!
スポンサーサイト

Comment

こんにちわ。

まだまだいろいろありそうですが、何はともあれ面接終了、おつかれさまでした!

自分の就職の時の面接で何話したかあんまり覚えてませんが、緊張のあまり生まれて初めてストレスで胃が痛くなったことだけは覚えてますw



面接お疲れさまでした。
日本語・英語での面接とは今の学生さんは苦労しますね。
さらに長丁場の卒業試験も大変そう。

でもMATIOさんなら乗り切れますよ。
頑張れー!!

MATIOさん,
面接,お疲れ様でした.お役に立てたようでしたら,嬉しいです.

事前に準備していたとはいえ,本番できちんと言えるかどうかは別問題.心臓が強くないとなかなかできるもんじゃありませんよね.

そういえば,添削ですが,もともとのデキが良いと,もっとよくなるようにと添削量が多くなってしまいます.デキが悪いと,どこから手をつけていいか分かりませんからね.これって,模型と同じですね(笑).

今度は,卒業試験ですか?そして,国家試験.まるで,イス〇ンダルを目指している船のように試練が続きますね.体調を維持してがんばってくださいね.

では~

PS.:私がMGに着手デキソうなのは,後3年は必要だと思います.HG一つでも3,4ヶ月かかりますからね.

はじめまして。ふくすけともうします。
僕も医師でして、卒後15年目になります。
昨年まで一般消化器外科医で、今年から総合診療医に転向しました。
中2以来プラモデルが完成していませんが、そろそろなんとかしたいです。

「模型では長時間作業の忍耐力や集中力、手先の器用さを養いました。
これは将来の手術に向けた大切な練習の一貫です!」

おもしろいことをおっしゃいますね。
Makの横山氏は『プラモデルに失敗はない。とりかえしがつくからプラモデルは楽しい』とおっしゃいました。

手術は失敗したらとりかえしがつかない世界です。
そこが楽しいんですけどね。

国家試験の合格と、充実した研修医生活を送られることを祈っております。

ぼくもプラモブログやってみようかな?

Re: あばさん

こんばんは!
お返事遅くなり申し訳ありません。

ありがとうございます!
とりあえず終わって一安心です!
自分はあんま緊張感無くて、もっと危機感持てよ!
って感じだったと思います笑
就活って基本的には人生で一度切りですもんね。
良い思い出になりました〜(^^)

Re: じゃいあんさん

こんばんわ!
返信遅くなって申し訳ありません。

ありがとうございます!
でも英語は将来絶対役に立つと思うんで、
面接は終わりましたが勉強続けたいと思います!

卒試始まって大変ですが、結構楽しんでます。
頑張ります!

Re: やすりがけさん

こんばんわ!

この度は大変お世話になりました!
やすりがけさんがいなかったらどうなっていたことか…
出来がいいのは良き指導者のおかげですよ!
教科書に載っている様な分が自然体になり、自信をもって臨めました。
心臓は強い方なんで笑

もうひたすら卒試の勉強ですが、体調は万全です!
今日も筋トレしました笑

また機会があれば宜しくお願いします!
本当にありがとうございました!

PS.HGに3カ月かけるということは、一つのクオリティが高いということですよ!
ガンバです!

Re: ふくすけさん

こんばんは。
初めまして、MATIOと申します。
コメントありがとうございます。

語弊があったかもしれません。
もし不快な思いをさせてしまいましたら申し訳ございません。
もちろん、私としては手術とプラモを同等に扱ったつもりはありません。
命を扱うという点において、2つは似ても似つかぬものです。
しかし、作業という側面で共通する点もあると思います。
それを申し上げました。

私も外科一般に興味を持ちながら、
小児科のような幅広い領域をカバーするような科もいいなと思っています。
消化器外科から総合診療医に転向されたふくすけさんのお話をぜひ伺いたいものです。

ありがとうございます。
卒試は今週も1週間終わりました。
残りも頑張ります!

よけいなお世話かもしれませんがまたかきこんでしまいました。
不快な思いなどはしておりません。
こちらこそ説教くささがでてしまい申し訳ありませんでした。
まったくそんなつもりなかったんですが中年のサガですかね。
横山宏氏のMakモデリングブックに書いてあった一節を思い出しかきこんでしまったしだいです。

模型と手術の違う点としてはチームでおこなうということがあげられるとおもいます。
術者のみならず、助手、麻酔科、器械だしナースなどなど、全員がベストパフォーマンスをもとめられます。

その点ではバスケットをされていたのは良い経験だとおもわれます。
当然、模型でつちかわれた繊細さは、有利にはたらくとおもいます。
残念ながら手先が器用でも独善的な外科医は結構います。
ささやかな成功、よろこびでもみんなでわかちあえるようになりたいものです。

病院を選ばれる際は、教育に力を入れている病院を選ぶべきです。
教育力のない病院は発展しないとおもいます。
グラム染色のできない病院、ラパロのドライボックスのない外科施設はやめたほうがいいとおもいます。(また説教くさくなっちゃった)

Re: ふくすけさん

返信遅くなりました、コメントありがとうございます。
余計なお世話なんてとんでもないです!

手術はチーム医療であるというのはその通りですね。
模型との一番の違いであると思います。
バスケットを通じて、人との関わり方は割と上手い方だと思っています。
それを医師になってから必ず活かしたいものです。

病院選びに関しても、アドバイスいただきありがとうございます。
グラム染色とか、全く気にしていなかったですね。
もう試験は受けちゃったんで、どこを第一志望にするか、もう少し悩んでみようと思います。

またコメ宜しくお願いします!
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。