調色

パテの硬化や接着剤の乾燥待ちで
やることなくなったので
キュリオスの塗装に使う色を作ってました

調色1

ガイアノーツのコバルトブルーに
極少量の蛍光ピンクを混ぜると…

調色2

鮮やかな発色の良いコバルトブルーができます
コバルトブルーは隠ぺい力(下地の色を隠す力)
が弱いので下地を白にしておかなくてはなりません

調色3

濃淡2色のグレー
右の方が薄いグレーです
ただブラックとホワイトを混ぜるのではなく、
フラットアースを混ぜてウォームグレー調に

この色紹介しただけで
勘のいい人はどのようにキュリオスが塗られるか
分かるでしょうね
お楽しみに!
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。