ジェスタキャノン#18

ペースが少しずつ上がってるMATIOです。

昨日は昼過ぎから筋トレ、夜バスケと久々にがっつり身体を動かしました。
おかげて今日は身体の節々が痛みます。
でもやはり身体を動かすというのはいいことです!
最近体脂肪率が測定上では上がっていましたが、
昨日測るとちゃんと落ちて7%くらいになってました。
もう体重増やそう計画は無意味なのだと悟りました。。。orz

さて、昨日は撮影も行って、ドラッツェミーティングに投稿してまいりました。
今回のタマちゃんは肩以外の改修をしていないので、
なんだかイマイチ思い入れが足りなくて、撮影も途中でめんどくさくなっちゃいました。。
やっぱり納得いくまで弄り倒す方が僕の性にあってる気がします。


ってことでジェスタ行ってみよー( ̄▽ ̄)ノ_彡☆

ジェスタはサフ吹くまで記事にすることがないと思っていたんですが、
ちょっとしたネタができたんで書いときます。
まずは、

ハイキュー1

ハイキューパーツさんにて
・ツインサークル
・ネオジム磁石
・デカール
を購入。ツインサークル欲しかったんですよ!
前売り切れだったので、今回は入荷した瞬間を見逃さないようにしていました。
早速活用↓

ジェスタキャノン135

膝関節のこのマルイチを置き換えます。

ジェスタキャノン136

このパーツの良いところは内部と外部の2つに分割されているところですね!
内部だけ位置を決めて接着し、別々に塗装した後で組めばオケイ!

ジェスタキャノン137

こんな感じになります。
ちなみに・・・

ジェスタキャノン140

切り取った膝のマルイチは別の場所に貼りつけました。
そこそこ質の高いモールドなだけに、捨てちゃったら勿体ないですもんね。

ジェスタキャノン138

肘も同じように行きます。

ジェスタキャノン139

こんな感じ~
設定画でもここは塗り分けられているので、
これは綺麗に塗り分けられそうで便利ですね!

ジェスタキャノン141

シールドはキャノン状態では取り付けないので、
あんま凝る必要はないだろうと思います。
なんかデザインがMk-2っぽい?
特に上部はスカスカですが、デカールを貼って誤魔化そうと思います笑

ジェスタキャノン142

それと肩の追加装甲もスジ彫りだけではちょっと寂しかったので、
何なのか良く分からないけど作って貼ってみました。
機能とか謎だけど、ちゃんと塗り分ければそれっぽく見えるのではないかと。

あとはランドセルとキャノンのディティールだけかな。
来週くらいには工作を終えてサフ吹きたいと思いますので!


さて、今日の残りの時間は勉強しますかな( ̄∇ ̄;)

失敗

1週間も間が空いてしまいました~

まず新規相互リンクのお知らせです!!

sary19720910さんの
saryの気まぐれプラモ製作記
です!!
SDデビルガンダムで話題沸騰でしたから、ご存じない方はいらっしゃらないのでは?!
次々とハイクオリティの作品を発表なさって、僕の憧れのモデラーの一人です。
現在ガーベラテトラやドラッツェを製作なさっているので個人的にも大注目でしたので、
この度リンクさせていただきました。
これから宜しくお願いします!!




さてさて、今日もテストでした、たぶん通ったと思います。

来週金曜もテスト、再来週の月曜もテスト、
そして再来週水曜には、かなりビッグなテストがあります!

最近は勉強も楽しくなってきたので、勉強自体は苦じゃないのですが、
やっぱバスケとか模型とかほとんどできないのは結構辛いです。。。


そんな時、他のモデラーさんのブログを巡回するのはホント楽しいですね!
自分が作っていなくても、作っていると錯覚できますから。
(上手くなった気にもなれちゃってお得!笑)


リンクさせていただいているもんこんさんが、
首周りに凄くカッコいいディティールを入れていて、
自分もやってみたい!って思ってチャレンジしてみました!

ジェスタキャノン129

まず首周りと襟が一体になってるので、分割。
こういうところは上手くできないのでタガネで時間かけて切断してます。
超音波カッター欲しいなぁ~


それでチマチマ(グチャグチャ)テキトーにプラ板貼っていきました。

首の可動域を制限しないようにと、
首を引いたり、上を向かしたりしながら、
コツコツやって、出来上がった!!


んっ?!




アッ!!







『横向けねぇぇぇぇぇぇ』Σ( ̄ ̄ ̄Д ̄ ̄ ̄lll) ガビーン






やっちまいました、いかにも素人らしいっちゃ、らしいけど、、、

なんで前後の可動しか考えなかったんだろ?orz


ってことでやり直し(泣)

こうやって失敗から学んで賢くなっていくんだ、きっと。

プラ棒からシリンダーっぽいのを作っていましたが、
それが干渉して首が回らなくなっていたので、
そのプラ棒の長さ、位置を再調整してみました。

睡眠時間を少しずつ削ってやった今週の成果↓

ジェスタキャノン130

作業途中写真なし!!笑
プラ棒とプラ板、一部コトブキヤの角バーニアなんかを使ってディティール入れました。

ジェスタキャノン131

上から見てもよくわかんない汗
いや、作業が雑ってことは分かるか・・・

ジェスタキャノン132
ジェスタキャノン134

白いから見難いですよね。
きっとサフ吹いたり、塗装すればそれなりになるのではないかと。

えっ、塗り分け?ナィ(・д・ = ・д・)ナィ


あとドラッツェも。

ドラッツェ13

ホント、コイツどういうシルエットなのよ?!
なんかバイアラン・カスタムっぽくも…ないか笑

ドラッツェ14

ポッドの穴はパテで塞いじゃいました。。

んで、目(?)の部分は塗り分け面倒なので、
ガイアノーツの”おうちdeデカール”にてデカールを自作しちゃおうと考えました。

それっぽいデザインソフトもないので、Paintにてテキトーに描いてみました。
まぁそっちは完成してのお楽しみってことで。

また次回の更新は間が空いてしまいそうです。
次回の更新のときにはカウンターが10000を越えてそうです、
いつもありがとうございますm(_ _)m



>きく。。さんへ
試してみたら僕のも痛んだトマトになりましたわ笑
でももう一枚使うの勿体ないんですよね~、
今回はトップコート吹きまくって誤魔化すかも笑

ジェスタキャノン#17

実は久々のジェスタキャノンの記事だったり。

ちょくちょく弄ってはいたんですが、
スジ彫りやらプラ板貼りやらで全然進歩がないような感じだったので、
記事にするのは見送ってました。

ジェスタキャノン122

キャノン基部は以前作っていたんですが、
左右の間がなくて、寂しい感じになってました。
でもここをどうしようか迷ってて、、、

ジェスタキャノン123

こんなカバーを作りました。
上部のダクトみたいなやつは何のためにあるかも分かりませんが、
結構気に入ってます。
逆にプラ板でテキトーに作った前面のディティールはテキトーにやりすぎたかも汗

ジェスタキャノン124

被せてこんな感じ。
あっ、肩にもディティール彫ってます。
ジェスタ本体のディティールはあと脛とランドセルのみ!!

ジェスタキャノン125

せっかく作ったはいいけど、
左の4連砲の基部が四角形で、さらに回転するには、
一部を削る必要があって左右対称にはなりませんでした。

うーん、先の見通しがないからこーゆーことになるんですよね。
それっぽいディテ入れて誤魔化します笑

ジェスタキャノン126

全体像↑
前回からは、前腕、太もも、脛・膝の追加パーツあたりにディティールが増えてます。
あとは肩の追加装甲とキャノンにディティール入れればほぼ終了?!

ジェスタキャノン127

ランドセルのスジ彫りもアイデア浮かばなくて困ってるんですよね~
あと少しなんだけどな~

スジ彫り講座(ニセ)

冬休みキタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!



スミマセン、テンション上がっちゃいました笑
今日から冬休みです。
部活やってた今までは、部活がオフになるとはいえ、
筋トレと自主練で全くオフと呼べるような過ごし方をしたことがなかったので、
部活も学校もない休みは初めてかもしれません。

でも勉強づくしですorz


新規相互リンクの紹介!!

GattoNeroさんの
GattoNeroFactory BLOG

です!!
GattoNeroさんは最近MGダブルオーのセブンソードを
MGクアンタに持たせた『ダブルオークアンタコンステレーションズ』
を完成させて、これがめっちゃカッコいいです!!
違和感のないミクシングとパネルラインの塗り分けにセンスを感じますね~
これから宜しくお願いしますm(_ _)m


こないだ言ってたグレメカ第二弾↓

グレメカ2

かっけぇ~!!!!
これまた表紙ヤバいシリーズですね。
ちなみに僕の一番好きなMSがゼータ3号機なのですよ。
また作りたいと思ってます(*^-゚)v


さぁ、今回のタイトルはなんなんでしょうか?

スジ彫り講座は最近n兄さんが神がかった記事を書いておられ、
こちらから、マジ神)
何を今更素人が、って感じでしょう。

え~、兄さんの記事では”クランク”が省略されているのですね。
で、僕はクランクが大好きですし、意外に簡単なのでは?
と思っているので、そちらを少しオリジナル要素も交えて紹介しようというものなのです!!

最初から言っときますが、
兄さんのように親切な解説じゃないし、
中級者・上級者には「はっ?」って感じかもしれませんので、読み飛ばしてかまいませんので汗
(だからタイトルに”ニセ”って入れたんですよ~)

まぁ素人だからこそ、そっち視点で書けることもあるかと思いまして。
参考にしていただければなぁと。

前置きが長くなりましたが、早速行ってみましょー!


僕がスジ彫りにおいて重視するのは

①ガイド
②彫る方向


の2点だと思っています。
これに注意して説明していこうと思います。

スジ彫り1

まずはこの胸部中央にあるような普通のクランクですね。
みなさんはどうやっているのでしょう?
僕はまず、しっかり鉛筆で濃いめに下書きします。
(しっかりって、定規なんて使ってませんよ笑)

スジ彫り2

ここにマスキングテープを押しつけます。
うっすら透けて下地の線が見えているのがわかりますか?

スジ彫り3

さらにテープに線を下書きをなぞって書き込みます。

ここで大事なのは、スジ彫りのラインだけでなく、
パーツの輪郭も写すことですね。
あまり大きいガイドは作業するとき邪魔になりますし、
小さすぎてもガイドをパーツに貼る際に接着面が狭くて固定しにくいです。

このテープを剥がして0.3mm厚のプラ板に貼りつけるんですね。

スジ彫り4

0.3mmは切りやすく、適度な厚みでスジ彫りのガイドとして優秀だと思います。

*追記:クランク型にプラ板を切り出すコツ

基本的にクランクは直線ですから、
デザインナイフを動かすのではなく、押しつけるようにして切りだすとよいと思います。
片方のガイドは要らなくなることが多いですから。
(と言いつつ、後半では両方使用する方法も載せてますが汗)

スジ彫り16

たとえば斜線の範囲をガイドとして使用する場合、
白い(黄色い)部分は要らないわけですから、バラバラになってもいいんですね。

スジ彫り17

デザインナイフを動かすと定規が必要ですが、
刃をスジのラインに合わせて、グッっと押しつけて切ります。

スジ彫り18

ここも。
ナイフの刃の先端をスジ彫りの角にピッタリ合わせてから行いましょう。
この時点で、使わない部分はバラけちゃいますよね。

スジ彫り19

ってな感じで、使わない部分をバラバラにしながら切りだしていくと、
ガイドのラインが真っすぐになってよいと思います。
(*追記終わり)

さて、話を戻しますと、

スジ彫り5

(a)(b)の二つのパーツが切り出せますね。
どちらがガイドとして使えますか?

ここで先に述べた重要ポイント②の彫る方向に注意しましょう。
スジ彫りで多いミスは”刃が滑りすぎて必要より長く彫ってしまう”ことですよね?
これ良くやりますよね?!(僕だけ?!汗)

それを防ぐには
(Ⅰ)パーツの端に向かって彫る
(Ⅱ)ガイドで止まる方向に彫る
の2方法があると思います。

それに注目して先ほどの(a)(b)を比べると・・・

スジ彫り6

緑のやじるしが安全な彫る方向。
(b)にのみ危ない赤いラインが存在しますね。

だからガイドとして採用するのは(a)になるわけです。
本来なら(b)はこんな風に残さずに(a)を切り出しますよ。

こいつを両面テープでパーツに貼って、

スジ彫り7

先ほどの緑やじるしの方向に彫って行きましょー
”行き過ぎミス”をする危険がなく、安心して彫れますね!

穴をあけて行き過ぎミスを防ぐ方法もありますが、穴をあける時点でスジ彫りラインが決定するので、
正確な作業が苦手な僕はこっちの方が楽でいいです。
(穴空けてもミスったりしたしね笑)

スジ彫り8

更に、ちょいとラインを追加してこんな感じに。
どうです、結構簡単だと思いますよ!


そんなの当たり前って感じでしょうか?!
では次。

スジ彫り9

上腕のパーツです↑
ここにこのようなさっきより少し複雑なクランクを入れてみようと思います!

スジ彫り10

テープ貼ってプラ板切るまでは一緒。

スジ彫り11

さぁ、切りだしました!!
どっち使いますか?
どちらも先ほどの赤い危ないラインが存在してますね。
そこでここからはオリジナル!
(かな?既にやってる方いらっしゃったら”ふっ、知ってるぜ”って思いながら見てくださいね)

スジ彫り12

まず、片方を貼りつけ、緑のラインまでスジ彫りを行います。
ここまでなら、すべてのラインに安全な方向が存在しますね。

次にもう一方のガイドを彫ったラインに合わせて貼ります。

スジ彫り13

んで残りのラインを安全な方向に彫るわけです。
こうすると”行き過ぎミス”をする危険なくすべてのラインを彫ることができました!

スジ彫り15

仕上がりはこちら~
このパーツ、ちっちゃすぎてめっちゃ疲れました笑

ちなみにこの方法だとガイドのプラ板を裏返すことで、
逆側にシンメトリーのラインを彫ることも可能です!!
これは逆側に全く同じラインを入れれますので便利ですよ↑
これはダイモテープじゃできないよね、フフッ( ̄ー+ ̄)

ジェスタキャノン121



以上です、長々とした文章でしたが、
最後まで読んでいただきありがとうございました。

万が一、”役に立った!!”って思っていただけると大変うれしいです。
あっ、あと”もっといい方法があるぜ!!”って方はぜひ教えてくださいm(_ _)m

この上腕のスジ彫り、両側やって40分かかってます。
ちょっと手間のかかる方法かと思いますが、ミスったらテンション下がるんで丁寧に作業してます。
相変わらず遅いけど、ジェスタ頑張って進めていきますのでよろしくです!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。